ぐいぐい浸透していく感じがします

顔を洗うとき、力を入れて洗うと、乾燥した肌はすぐさま傷がつきます。

なので、私は普段から優しく洗顔するようにしています。

さらに、洗顔後はヴィーナスプラセンタ原液を1滴か2滴だけ手に取り、それを顔全体に伸ばして塗っています。

そしてその後から、化粧水は手にたっぷりと取り、温めるようにしてから肌に塗っていますね。

このヴィーナスプラセンタ原液を最初に塗ることで、その後の化粧水の肌への入り方が全然違うんですよ。

まるで、砂漠に水をまいた状態みたいに、肌にぐいぐい浸透していく感じがしますね。

それと、化粧水も体温に近いと浸透力が上がり、化粧水がより肌に浸透されやすくなります。

また、いろいろなスキンケアを試したけどいまいちという方は、スキンケアの「正しいスキンケア」をしていないのかもしれません。

例えば、洗顔したての肌や入浴後の肌はもちもちとして、うるおっているように見えますよね。

でもそれって、お肌の表面だけなんです。

雨が降ったあとで、急に乾いた泥はヒビ割れが生じますが、お肌もそれと同じことです。

そうやって毎日繰り返しダメージを蓄積していると、しわや乾燥の影響が遅かれ早かれ肌ダメージとなって出てくると思います。

そうならないためにも、洗顔後は迅速なケアが必須なんです。

顔を拭いたら時間を置かずに、ヴィーナスプラセンタ原液を使ってみてください。

そして、その後から化粧水を吹聴かけたりして、本格的なお手入れ前のファーストケアを施してあげるのが正しいスキンケアだと思います。

私もスキンケアは念入りに行う方なのですが、ヴィーナスプラセンタ原液に出会うまでは、間違ったスキンケアをしていました。

今ではヴィーナスプラセンタ原液で肌が柔らかく、じゅうふん保湿が行き届いているので、シワやシミも目立たなくなってきています。

もっとも、一部ではヴィーナスプラセンタ原液は効果なしという口コミもあるようですが、それは正しい使い方をしていないと思います。

ヴィーナスプラセンタ原液を正しく使ったら、目尻にできてしまった笑いじわや、口の両端のほうれい線は仕方がない、と半分あきらめる必要もありません。

恐らく、予想以上に肌がしっとり柔らかくなってきて、シワもそれほど目たたない感じになってくるのが実感できると思いますよ。